御朱印

穴八幡宮で一陽来復御守 頂きました

こんにちは

ゆっくりのんびりごきげんに

ウイズエイジングな日々

めいです。

冬至を過ぎ、お仕事がお休みだった日に、

一陽来復御守を頂きに行ってきました。

一陽来復とは

「一陽来復」とは、、、

辞書で調べてみました。

  1. 陰暦11月のこと。また、冬至の日のこと。
  2. 冬が去って春が来ること。特に新年が来ること。
  3. 悪いことが続いたあと、ようやく運が向いてくること。

古代中国占いの書「易経」に出てくる言葉で、陰がきわまって陽がかえってくる意。

なるほど~。

希望の光が差すような、明るい気分になれる言葉ですね。

穴八幡宮で頒布されています

一陽来復御守は、穴八幡宮で毎年頒布されています。

穴八幡宮は、東京・早稲田にあります。

早稲田駅から歩いて3分くらい。すぐです。

毎年冬至の日から翌年の節分の日まで頒布されます。

今年は、2020年12月21日から2021年2月2日までです。

ちなみに、この時期は御朱印は頒布されていないとのことです。

一陽来復御守と御朱印は同じ日には頂けないのです。

余談ですが、、、2021年は2月2日が節分なんですねー。
節分=2月3日だと思ってました。

私はまだ行ったことがないのですが、
冬至の日には、冬至祭が行われるため、すごい人出だそうです。

そうそう、毎年露店がずらずら~っと並んでいたのですが、今年は露店はなし。

コロナ禍の影響なんでしょうが、いつもの賑わいがなくてちょっとさみしかったです。

穴八幡宮へのアクセス
東京メトロ東西線 早稲田駅 2番出口 徒歩3分。
「穴八幡方面出口」と案内が出ています。

住所:〒162-0051 東京都 新宿区 西早稲田2-1-11

穴八幡宮のご利益・・・商売繫盛や開運、出世、蟲封じなど。
金運アップのパワースポットです。

一陽来復御守頂きました

一陽来復御守は、壁に貼るタイプとお財布などに入れておけるタイプがあります。

壁に貼るタイプの御守の初穂料は、1000円でした。

昨年は800円だったと記憶していますので、200円UPですね。


このフォルム、、、特徴的ですよね。立体的です。


御守と一緒に↑説明書が頂けます。

この説明書に、貼る方位が書いてあります。

そして、この方位とともに重要なのが、貼るタイミングです。

冬至、大晦日、節分のいずれかの日の午前0時(日付の変わる瞬間)に貼るのです。

これ、結構緊張しますよ~。

準備が大切です。

カウントダウンして、せーの!で貼ってます。

今からだと、大晦日か節分の午前0時ですね。

それまでに、今回の貼る方位を確認しておかなければ~(笑)。

今年はこんな感じです。

御守に直接画びょうは打てません!

痛そうですものね。(笑)

一陽来復 懐中御守

一陽来復御守には、懐中用もあります。

こちらの初穂料は一体 400円でした。

毎年、お家に貼る用とお財布に入れる用を頂きます。

最後に

今年も、冬至が過ぎ、一陽来復の御守も頂き、、、

いよいよ年末気分になってきました。

皆さまの仕事納めはいつですか?

そろそろ仕事納め、良いお年を~という方もいらっしゃるかと思います。

私も仕事納めまであと少し、もうひと頑張りしまーす。

 

ランキング参加しています。ぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村