日記

ウイズエイジングな日々を。

こんにちは、

ゆっくりゆるり、 ウイズエイジングな日々、

めいです。

50代になったくらいから、不安を感じたり、

ちょっとしたことにもあたふたしてしまう、そんな気持ちなることが多くなりました。

50代になって

50代になったら、、、

その頃には、子どもは就職して、一人立ちして、

お母さんとしての役割もほぼお役御免、

自由な自分の時間ができて、気持ちがラクになると思っていました。

でも実際は、、、

気持ちが落ちる、、、やる気が出ない、、、気持ちも身体も重い。

無気力になり、だるさを感じてしまうのは、なぜ?

明確な理由がわからないまま、

不安で落ち着かない気持ちを感じるようになりました。

からの巣症候群

からの巣症候群・・・って聞いたとがあります

からの巣症候群とは

子育てが終わり、子どもが家を出たり結婚したりして巣立っていった時に、

多くの女性が一時的に陥ってしまう症状。

一般的に40代後半~50代の女性にみられる一過性の抑うつ症状。

母親として、多くの時間を費やしてきた子育てが終わり、

その役割が終了してしまったことで、

肩の荷が下りると同時に、言いようのない寂しさを感じる。

そして、新たな人生の目的や生きがいを見出せずに虚無感を感じてしまうのです。

このからの巣症候群は、

うつ状態になってしまうなど精神的な不調のほか、

身体にもあらゆる不調があらわれることがあるとのことです。

更年期症状

更年期というのもありますね。

更年期って、後からわかるものなんですね。

一般的に、だいたい50歳前後の、閉経の前後数年間のことを言いますが、

個人差があります。

閉経も、最後の月経から1年月経がないことを確認して、

はじめて閉経を迎えたということになるのです。

閉経年齢は最後の月経があった時の年齢を指すのですが、確定できるのは閉経の1年後。

リアルタイムでジャッジができないもどかしさがあります。

アンチエイジングとウイズエイジング

ウイズエイジングとは、

年齢を重ねることを受け入れ、ポジティブにとらえ、共に生きていくという考え方です。

老いに伴う心身の変化に気を配り、上手く付き合いながら、

健全で自立した生活ができる喜びを享受するという生き方。。。

ウイズエイジングが「老いとともに」で、

アンチエイジングが「老いに抗う」という考え方なら、まさに対極ですね。

30代40代の頃だったら、アンチエイジングの方がしっくりきたかもしれません。

でも、50代。。。アンチエイジングというフレーズは、ちょっとしんどく感じる私です。

ウイズエイジングの概念

この、ウイズエイジング、

ご存知の方も多いと思いますが、

東京都健康長寿医療センター理事長 鳥羽研二氏が提唱している概念です。

いつまでも若々しくいたい、生涯現役、、、というのは、

きっと誰もが望むことで、これをかなえる為に努力することは、健全な考え方です。

でも、これが行き過ぎて、「社会に役立つ・適応する」という部分が強調されすぎると、

「老化現象は悪・不都合」という見方につながり、これがアンチエイジングという名で急速に広まったのだそうです。

このアンチエイジングとは対極にあるのが、ウイズエイジングという概念です。

私も勉強中です

鳥羽研二氏の著作、

「ウィズ・エイジング 何歳になっても光り輝くために・・・」
 GreenPressブックス 単行本 2011/7/11

「瞬間の謳歌」から「時間軸への畏敬へ」
高齢化社会がかなりの速度で進む現在、私たちは自分の心身について、真に何をどのように知っておかなければならないか。どうすれば、何歳になっても心身ともに充足して、輝いた日々を送ることができるのか。

内容(「BOOK」データベースより

老化は悪ではない、自然な死は敗北ではない―高齢医学の最前線に立つ著者が、行き過ぎたアンチ・エイジングの愚を痛烈に批判し、年齢を重ねることに積極的な価値を見出す「ウィズ・エイジング」という考え方を提唱。何歳になっても、友をつくり、思考を深め、世の中の不条理に対して声を上げ、社会の変わりように対応していくことが、超高齢社会で生き悩む私たちを光り輝かせると熱く語りかける。

 

著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)
鳥羽/研二
国立長寿医療研究センター・病院長。1951年、長野県生まれ。1978年、東京大学医学部卒。米国テネシー大留学、東京大学医学部老年病学助教授をへて、2000年から杏林大学医学部高齢医学主任教授。2006年からは同大学病院もの忘れセンター長を兼務。専門は認知症を中心とする老年医学。2010年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
数年前に、子どもが大学を卒業し、就職しました。

自分なりのウイズエイジング

老いていくことを受け入れる、、、と言っても、

やはり困りごとは解決したいです。

なので、きっとアンチエイジングもウイズエイジングもやってることはあまり変わりないのだと思います。

ただ、今抱えている気持ちや身体の不調が、老いからくるものであるなら、

できれば、自然にふんわり受け止めたい。

老いは怖くないよ。と。

年をとること、老いること、これは、さけられない現実ですが、老いも人生の一部であり、一過程。

成長が、ある通過点を超えると、老いとなるのでしょうか。

老いはすなわち成熟とも言えますね。

それなら、老いを否定せずに、前向きに楽しみたいですよね。

ほら、なんだかちょっと、肩の力が抜けた気がします。

次は、、、ナイス・エイジング

そして最近知った、

老化に身を任せながらよりよく老いる、、、ナイス・エイジング。

もう少し成熟して、ナイス・エイジングを意識し始めたら、、、

今気になっているグレイヘアというのにチャレンジしようかな。

アンチもエネルギッシュというかアグレッシブでいいと思います。

でも、ウイズもナイスも、潔い感があって、かつポジティブなWordでなんだか素敵です。

 

ランキング参加しています。ぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村