グルメ

食パン専門店 a donpan 食べてみた

こんにちは、

ゆっくりゆるり、ウイズエイジングな日々

めいです。

最近、食パン専門店の食パンにハマっています。

ちょっと前まで、お値段が信じられないわ~と思っていたのですが、
たまたま買う機会があるというか、目に留まるんですよねー。

食パン専門店 a donpan ドンパン

よく利用している近所のスーパーに行ったところ、食パン専門店が出張ってきていました。

気になります~~~。どれどれ?

食パン専門店 a donpan(ドンパン)青葉台店。

へえ~、お店は横浜の青葉台にあるんですね。

どうもここでの販売は今日だけみたいです。。。

青葉台駅から徒歩12分、、、
青葉台までわざわざ食パン買いに行けないですし、買うなら、今?

食パン専門店 ドンパン 青葉台店

open10:00-close18:00 定休日:月曜日

ドンパンの食パン

a donpanの食パンの特徴は・・・

どれも、そのままでも美味しく食べられますが、

トーストしても食感が良く 美味しく食べられる食パンです。

不要なものは一切入ってなく、お子様でも安心して召し上がっていただける食パンです。

a donpanの食パンの製法は・・・

どれも時間をかけてゆっくり発酵させたa donpanならではの製法です。

ふむふむ、、、ゆっくり発酵は、他店でもあると思いますが、
企業秘密的なドンパンならではの何かがあるのかしら。

食べてみてのお楽しみですね。

ゆむぎ いなほ かえで の3種類

スーパーの店先のコーナーには、3種類の食パンが並んでいました。

ゆむぎ いなほ かえで

どれが美味しいんだろう~。。。

きっとどれも美味しいんでしょうが、どれを買ったらいいのか迷います。

ゆむぎ 600円(税抜)
小麦粉の甘味を最大限に生かし、もっちりとした食感のあるシンプルな食パン。
一番シンプルな味わいで、毎日食べやすく、
トーストしても小麦の香ばしさ、モチっとした食感が感じられます。
シチューなどの料理に合わせても美味しい食パンです。

いなほ 730円(税抜)
国産の米粉と小麦粉のいいところだけを使用、
クリームもたっぷり入ったしっとりと弾力性のある柔らかな食パン。
サンドイッチなどに適していて、毎日でも食べやすく、
トーストしても「サクッ」とした食感が新しい食パンです。

かえで 900円(税抜)
カナダ直送のメープルと小麦粉の甘味だけで作った香りから違うプレミアムな食パン。
お子様もそのままむしゃむしゃと食べられます。
厳選されたカナダ産の小麦粉とメープルを使用し、
トーストすると「サクッ」とした食感と、「モチッ」とした食感と
香ばしいメープルが口の中に広がります。

この中で一番人気は、いなほ だそうです。

迷いましたが、初めて買いますし、ここはやはり一番人気が気になります。

いなほに決定です。

a donpan いなほ を実食!

いなほの原材料:

小麦粉、生クリーム、バター、米粉、砂糖、練乳、塩、イースト

第一印象はカットする時、
結構しっかりしているな、と思いました。弾力感あり。

そのまま食べると、しっとりしつつ、しつこくない食感です。
しっとり加減は生クリームなのかしら。
そして甘さは、練乳の甘さかな?

米粉が入っているのも新鮮ですね。
食べた時のあっさりというかさっぱりというか、、、小麦粉だけではない感じ。
焼いた時のサクッと感はやはり米粉でしょうか。

私は、この食パンは、
どちらかというとトーストして頂きたいタイプの食パンでした。

食パン専門店の食パン、同じ食パンと言っても、
本当にお店によって個性があります。

いろいろ試して、自分好みの食パンを見つけたいです。

今日の食パンのおとも

kiriのクリーミースプレッド。

これは、できれば、生のままの食パンにつけて食べたいです。
クリームチーズ好きさんに、おすすめです。

 

ランキング参加しています。ぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村